手から生まれる温もり
紅型・織物
<作家一覧>

手から生まれる温もり
紅型・織物
<作家一覧>

沖縄に暮らし、モノづくりをする人々。ベテランから若手まで、いろんな作り手がいます。
日々、素材と向き合い、工夫を凝らし、より良いモノを作ろうとしている作り手たち。
その手から生まれる、想いが込められたモノは、不思議と使う人の手にやさしく馴染んでいくのです。


染健

大好きな海や身近に咲く花をモチーフにしたり、伝統の模様を自分らしくアレンジしたりと、独特の感性から生まれる味わいある絵柄と彩りの紅型。
美しい色彩で品のよい風合いの紅型小物たちは、日々の暮らしにそっと花を添えてくれそうです。

最新更新日:2017 .7.11
花藍舎

琉球藍やフクギなど、天然染料の穏やかな彩りを丁寧に染めた糸。その糸が織りなす美しい布は、沖縄の織物に魅せられた作家の手仕事のモノ。
織物を愛する心から生まれた布からは、波や風、空に瞬く星や、海に映る月の光など沖縄の風景が見えてきそうです。

最新更新日:2017 .6.25
トコトコ

伝統の柄をさりげなくあしらったり、生まれ育った沖縄の身近な花や緑をモチーフにしたりと、自由な発想から生まれるかわいらしい絵柄の紅型。
彩り豊かな紅型を使った小物たちは、日々の暮らしにそっと華を添えてくれるんです。

最新更新日:2017 .6.18
バナナネシア

ひと粒の種からはじまった生命力あふれる糸芭蕉の木。
自ら育てたその糸芭蕉で芭蕉布を織り、芭蕉紙を漉き、その芭蕉紙や麻、綿の布に紅型で彩りを添える。

最新更新日:2017 .6.04
中村佳子

天然琉球藍で染めた糸を、一本一本丁寧に紡いで織り上げて出来上がる美しい藍の布。
沖縄の藍に魅せられた作家が織りなす手仕事の品々は、彩りも手触りもやさしくて、暮らしにじんわりなじむモノばかりなんです。

最新更新日:2017 .4.27
天底びんがた

沖縄北部の今帰仁の野原で出会った小鳥や、海でみつけたサンゴや熱帯魚。日々出会った彩り美しいモノ達を、昔ながらの鮮やかな彩りで表現された紅型。
「呼吸をするように染めていたい」という作家が作る品々は、自然体で素直に紅型が好きという想いが伝わってきます。

最新更新日:2017 .3.16